接待の心得

満喫パーティー

接待の心得

社会人になるとまずは仕事を覚えるところから始まり、2年目以降になるとクライアントを接待する場へも参加するようになる人も多いと思います。
これはいつもお世話になっているクライアントに対してこれからも変わらず支援を願う機会でもあり、会社の安定にも繋がることから大切な場所として捉えている企業も少なくありません。

接待は基本的に業務時間外に行われますから、夜になることがほとんどで費用は自社負担になることがほとんどです。
それでは、気持ち良くクライアントに過ごしてもらうためにはどのようなことを心掛けておけばいいのでしょうか?

まず接待する側はクライアントの趣向を知ることが大切で、食べ物やお酒の好みはもちろん趣味や特技など気持ちよく話ができる話題も準備しておかなければなりません。
また、夜に食事をする場合にはリラックスできるように気兼ねなく楽しめる個室を予約するのが一般的です。
このようなことを踏まえて、相手の立場に立って常に先に行動を起こしていくかが重要になります。

2017/9/11 更新